Entries

某月某日



 今日は元スタッフのイソガイさんが帰省の際にちょっと寄ってってくれました。イソガイさんは映画ライターが本業で、いろんなところに書かれていて、でもシネマテークでバイトもしていたという変わり者、ではなくて、シネマテークのアルバイトスタッフはみんな二足のわらじなのです。脱線。えー、「ぴあ」のお仕事もされてまして、ぴあと言えばPFF、ぴあフィルムフェスティバルと言っても過言ではありません。愛知は11月12日から17日、栄の芸文で開催です。ところでイソガイさんの奥様はぴあ編集部でお勤めなんですけれども、というわけでもないんですが、MOOK本「ぴあ 森田芳光祭」弊館にて販売しております。わたくごとではございますが、最後の作品の「僕達急行 A列車で行こう」好きでございます。松山ケンイチさんと瑛太さんののほほんとした道中を見ていると電車に乗って遠くにいきたくなります。松山さんは青森県出身、彼の素の語り口はなんだか寺山修司を思い起こさせますよね。そういえば寺山修司の朗読のお仕事もされてましたっけ。寺山修司、いいです!いつ観てもグッときます。かっこよすぎてズルい!寺山修司もすごいんですが、そこにまたすごい人たちが集まってきたのもすごいなあと思うんですよね~
 と、久々に観ても全く色褪せない寺山修司の作品に衝撃な映画サービスデーでございました。
 あ、イソガイご夫妻から栗の味の焼き菓子「マロンブラウン」いただきました。美味しいです。イソガイさんって甘いもん好きなんだよな~一緒に働いてた頃が懐かしい。(t.t)

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!