Entries

某月某日



 すでに去年(!)のことになってしまいましたが、「自主フェス」の時に、『Playback』の三宅唱監督とスタッフの皆さんが舞台挨拶にいらしてくださいました。『やくたたず』はまさに傑作でしたね。(『Playback』は、それ以上の傑作です。) 三宅監督は、実に軽快に自作を語った上で多くのご質問にも丁寧に応じてくださいました。あらためて御礼申し上げます。
 さて、その折『Playback』ご一行は、東京から男性4人で一台の車で大阪⇒京都⇒名古屋と宣伝ツアーを敢行されてました。かなりタイトな日程で心身ともにお疲れのご様子でしたので、質疑応答は(冗談ではなく)気力を振り絞ってだったと思います。
 帰りがけにお裾分けでいただいたクッキー。京都の劇場さんの近くの手作りの品。竹炭という不思議な味わい、当館のスタッフの方が沢山いただいてしまったかもしれません。(永)

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!