Entries

某月某日

くり蒸し羊羹1205

夜遅く、スタッフTから「くり蒸し羊羹」一本。いや、ひと竿。でも重鎮の存在感には、つい一本と言ってみたくなる。
餡の中で黄玉さながらに輝く栗の粒。日なたっぽい味は、誰にとってもよく知る味だけど、だからこそすぐ食べたいのだ!
でも、一体、誰が切ってくれるの!
争いごととは無縁そうにのどかな羊羹は、意外にも分割問題勃発の危機をはらんでいる、ような気がするのだ。
しばしばガマン比べが続くのだが、今日はTがさっさと奉行役を引き受け、カッコよく切り分けてくれました。ありがとう。人に切ってもらうとなおさらおいしい。(NY)

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!