Entries

某月某日



 お昼を食べて一息ついてたら空が真っ暗なのに気付き、おやおやと思う間もなく雨が降ってきて急激に勢いを増し、慌てて窓など閉めに走り回ってバタバタしてたらゴロゴロと嫌な音が聴こえてきた。雷である。止められやしないのだからひたすら落ちないことを祈るしかないのではあるが、その間もドンガラガッシャーン!とおかまいなしに鳴らしたい放題してくれるのであった。やめて・・・いつ落ちてもおかしくないその時、しまった、そろそろ遅番スタッフMの出勤時間ではないか!メールと電話で大慌てで連絡を取り、危ないから外に出てはいけない、落ち着くまで待ってなさいと、こんな時にしか使えない年長者らしい気遣いを存分に発揮し(少々満足し)、ひとつ心配事を減らして平静を保とうと勤めた。
 だが、しかし、元気いっぱいなMは雨合羽と長靴の万全な態勢で「なんか来れました~」と、平和に登場したのであった。ああ、Mよ・・・無事でよかったよ。しかも、ドイツで開催しているアートフェスを観に行ってたMは「ブレーメン板チョコ」「ユーロチョコ」まで携えている。さあ、ドイツ旅行のエピソードを聞きまくるぞと意気込んだはいいが、どうしてか話は脱線しまくりでドイツに辿り着けず、美味い美味いと遠慮なくチョコだけは頬張る。ゲリラ豪雨、しばらく来るはずのなかったM、関係ない話題で盛り上がる会話。全てが予想外で良い意味での裏切りの連続、そしてチョコはどんな状況であっても甘くて美味しい。この感じはなんだか映画みたいだな、こんな感じの映画が観たいな。気付けばMがなんだか違う人に見える。こんなだったっけ?あれ?『シルビアのいる街で』みたいだぞ。帰国してから髪型を変えたそうで。へえ。だけどシルビア思い出しちゃったらなんかもう別人にしか見えない。(TT)

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!