Entries

某月某日



 ヘルメットをかぶった「ひいくん」がニコニコ歩いてるのを見てるとしまいにはウルッときてしまう『ひいくんのあるく町』。障害があり、ちっちゃな頃から家族にはもちろん、町のみんなから可愛がられてきたひいくん38歳。ひいくんだけでなくて、人は老いたり病気になったりするとそれまでと同じようには生きていけない。そのみんなで、その町で支えあって生きていけたらいいなあ。ひいくんが町の人たちを繋げているんだなあ。ひいくんはみんなにとってかけがえのない存在で、誰もがそうであるのだ。
青柳拓監督も子供の頃にひいくんを見かけたりはしょっちゅうで、同じ写真に収まってたりもしている。すごくいい写真だ。ついでに申し上げると青柳監督とひいくんの顔はちょっと似ている気がする。
公開初日に青柳監督が舞台挨拶にお越しくださいました。上映終了後、お客さまの質問や映画の感想にとても丁寧に、真面目にお答えになっているお姿。こんなにも優しさに溢れたドキュメンタリーを撮った監督さんだなあと思いました。
お土産に東京ばな奈の銀座のモンブランケーキを頂戴してしまいました。秋の味覚で美味しい。ありがとうございました。(t.t)

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!