Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某月某日



 何故だか台風の難を逃れ続けている東海地方ではありますが、『五島のトラさん』公開がスタートしました。大浦勝監督が舞台挨拶に駆け付けてくださり、おかげさまでにぎやかな初日となりました。
 五島列島でうどんと塩の製造業をなさってる犬塚虎夫さん(トラさん)夫婦と幼児の頃から親の手伝いの域を超えて働く7人のお子さんたちを長い時間、22年に渡り撮り続けたドキュメンタリー映画です。トラさんのバイタリティー、要するに生活力が半端なく、それをもろに受ける家族の反発や、それと同等の深い深い愛情との葛藤に呆気にとられたりホロリとさせられたりしました。五島という島で生きていくことを常に考えていてアイデアを次々と実現させ、それらを子どもたちに伝えていき、たとえ島から出て行っても自分の道に進んでいけるよう育てた上げたトラさん。がしかし、何だかご立派過ぎて見ている途中までイマイチ親近感が持てなくて・・・というのは、わたくしは子どもがおらず恥ずかしながら未だに親に心配をかけているような身分ですので反発心が出ちゃってたんですが、あるところからこの人も普通の人みたいなところがあるんだなあと思いました。トラさんはお酒が好きでやめられなかった。さらに、好きというよりも飲まずにはおれない飲み方をするようになるんです。もし彼が酒をやめて、ついでにタバコもやめて長生きしてたらものすごく立派なお父さん、で終わっていたかもしれないなあと思いました。家族からも周囲の人たちからも愛されて尊敬されて、だけど弱いところもある。好きなものは無理してやめたりしなかった(もしかしたらやめようとしたのかもしれないけども)。うどんも塩も子育てもトラさん的には決して無理はしてなくて(ものすごく頑張ってるけれども)やりたいことをやりたいようにやりきった。自分の信念を貫き家族を幸せにした。いい生き方だし死に方だなあって、客席側の1人として思いました。
 監督から長崎土産を頂戴しました。一口よりもやや大きいバームクーヘンの中にクリームが詰まった「長崎物語」です。美味しくて食い出があります。ごちそうさまです&ありがとうございました。
 
 追記。
 仕事上がりに「虎屋」のうどんを購入。トラさんのうどんです。その日の晩ごはんでざるうどん、後日に釜揚げうどんで頂きました。しっかり茹でて蒸らして頂くのがよろしいかと。8分のところで味見して、ちょうど良かったので火を止め、数分蒸らしました。個人的には釜揚げうどんが好みです。名古屋シネマテークにて販売中です。(t.t)

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。