Entries

スポンサーサイト

某月某日

朝から冷えて鼻がぐずるなと思っていれば結局吹雪くことになった今日の名古屋、悪天候にも関わらず木村文洋監督が『愛のゆくえ(仮)』の舞台挨拶のためシネマテークにお越しくださいました。持ってきていただいたお土産の「東京ばな奈」は久しぶりにお目にかかる品で(東京から来られる監督さんは多いのですがお土産に「東京ばな奈」を持って来てくださる方は意外と少ないんです!)外の雪と合わせて見ると遠路はるばる来ていただ...

某月某日

 映画の中で演じられるキャラクターと俳優さんご本人、ついつい混同してしまいがちなのですが、『ニュータウンの青春』初日に舞台挨拶をしていただいた森岡龍監督は、なによりも『見えないほどの遠くの空を』の映画青年や『あぜ道のダンディ』での光石研さんの息子役を演じた俳優さんのイメージがあります。で、実際の印象は、『見えないほどに…』の役柄を彷彿とさせる素敵な好青年! 茶目っ気ありの舞台挨拶、川島雄三監督への...

某月某日

 すでに去年(!)のことになってしまいましたが、「自主フェス」の時に、『Playback』の三宅唱監督とスタッフの皆さんが舞台挨拶にいらしてくださいました。『やくたたず』はまさに傑作でしたね。(『Playback』は、それ以上の傑作です。) 三宅監督は、実に軽快に自作を語った上で多くのご質問にも丁寧に応じてくださいました。あらためて御礼申し上げます。 さて、その折『Playback』ご一行は、東京から男性4人で一台の車で大...

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。