Entries

某月某日

劇団ジャブジャブサーキットの作・演出家、はせひろいちさんがいらっしゃいました。はせさんは、「なごや文化情報」(発行=名古屋市文化振興事業団)の編集委員もなさっていて、今日はそちらのお仕事で来館。なんと次号で名古屋シネマテークを取り上げていただけるとのこと!楽しみです。そのはせさんから頂戴したのが、サーターアンダギー(揚げドーナッツ)、さつまいものパイ、抹茶のマーブルとチョコチップのパン。もう見るか...

某月某日

農場を持つスタッフKoが朝摘みの、絹さやエンドウとスナップえんどうを持参。春のごちそうはなんといってもエンドウだ、と思う。イカと一緒に強火炒め/岩塩とオリーブ・オイルでロースト…/いやいや、バターと黒胡椒でしょう/ここはやはり、天ぷらで/ホタテと一緒に強火炒め/ステーキのつけ合わせ/蟹肉のあんかけ/卵とじ…などなど、いつもながらKoの無農薬野菜をネタに、とめどもなく妄想が広がる。レコードを聴きながら下ご...

某月某日

第2回となります「鶴舞ファンタスマゴリア 名古屋アンデパンダン野外映画祭」を開催準備中の 、美女と野獣集団、とは私が勝手に呼んでいるだけなのですが、主催者のお一人であるガレリア・アミカの岡田チャンからボトルワインを頂きました。お菓子を頂くと目がキラキラしてしまいそうな気がするのですが、お酒となると目がギラギラしてくるような気がします。また、東京で映画の仕事に就く名古屋女子Mさんが、1歳半の坊やを抱...

某月某日

昨年の自主製作映画フェスティバルの上映プログラムでお世話になった名古屋在住の若きアニメーション作家、佐藤美代さんから。薄いビスケットの台に、ふるふるとゆれるクリームチーズのフィリング。雪の朝の公園の風景のように、クルミの薄茶、松の実のグリーン、クコの紅、ベリーの紫がところどころから顔をのぞかせています。箱を開けるたびに、なんかもう、息をのむ静けさに包まれる。(NY)...

某月某日

夜遅く、スタッフTから「くり蒸し羊羹」一本。いや、ひと竿。でも重鎮の存在感には、つい一本と言ってみたくなる。餡の中で黄玉さながらに輝く栗の粒。日なたっぽい味は、誰にとってもよく知る味だけど、だからこそすぐ食べたいのだ!でも、一体、誰が切ってくれるの!争いごととは無縁そうにのどかな羊羹は、意外にも分割問題勃発の危機をはらんでいる、ような気がするのだ。しばしばガマン比べが続くのだが、今日はTがさっさと...

某月某日

『ル・アーヴルの靴みがき』公開時に待合室で開店した〈キオスク ル・アーヴル〉の「ライカ犬クッキー」。名古屋のお菓子工房「スイレンコ」さんに、抜き型のデザイン段階から制作して頂きました。「村上開新堂」や「泉屋」の焼菓子のように、香ばしくて、まさにあるべき懐かしさのジンジャー・クッキー。アキ・カウリスマキ監督の代々の愛犬が、ただ主人公に寄り添うだけの、犬らしい犬を演じてきた姿にも重なる。ただし、『ル・...

「マドレーヌのほうへ」

ここは名古屋シネマテークの事務所です。仕事中は資料で散らかっているデスク。そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!...

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!