Entries

某月某日

 名古屋出身の七里圭監督の特集上映「七里圭 2017 イン・プログレス」、絶賛上映中です。野心的で繊細なアプローチが続く七里監督の作品、まとめてお届けできる、またとない機会ですが、さらには初日から三日連続で長時間のアフタートークをしていただきました。予定では2日間でしたが、監督からの追加をとのお申し出があり、非常に濃密な時間になりました。 先日まで京都で行われた、より先鋭的な上映からのツアーということも...

某月某日

 『the アートシアター』という企画が始まりました。記念すべき第一弾の上映作品は『ミツバチのささやき』です。ビクトル・エリセの長編第1作で代表作。今なお語り継がれる珠玉の名作です。という決まり文句を軽々と飛び越え、その輝きはいつまでも色あせない。この辺りの経緯については名古屋シネマテーク通信7月号のシネマテーク評論をお読みくださいぜひとも!ユーロスペース支配人の北條誠人さんインタビューでバッチリです。...

某月某日

 2017年は『人生フルーツ』の年だったと、後年振り返ることになりそうです。再アンコールってことは三度目の上映です。こんなのって初めてです。再アンコールの初日に伏原健之監督の舞台挨拶がありました。それもあって満員でスタートできました。ありがとうございます。なんですけど、その後も途切れることなく連日満席の状態が続いています。そういうわけですのでお電話などの問い合わせもたくさんいただきます。ありがとうござ...

某月某日

5/27(土)から公開の『リトル京太の冒険』(大川五月監督)チームから杉浦青さんがご挨拶に来てくださいました。豊橋市出身。大学で撮影技術を学び現在はタイでのロケ作品を製作中の若手プロデューサーです。当館ではお母さまとご一緒に園子温監督の『気球クラブ、その後』をご覧になったとうかがい嬉しかったです。おみやげに四季おこのみあられを頂きました。大変ありがとうございます。帰省中の豊橋からいらっしゃったので「ちくわ...

某月某日

 もし自分の親が認知症などで介護が必要になったら、病気の症状や介護のことで親を憎んでしまったら、記憶が失われ私のことを忘れてしまったら。私の親は両方とも元気にしているので介護への不安は尽きません。経験された方の話を聞いているとそれは突然始まり生活が大きく変わってしまう、ということはわかる。やらなきゃいけないことがたくさんあってものすごく忙しくなって辛いこともいっぱいあって、経験しないとわからない。...

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!