Entries

某月某日

すらっと伸びた細くて長い手足と、これまた細い首の上に乗っかった小さな顔、多過ぎず少な過ぎない栗色の髪、大きな瞳、生まれ変わったらアンナ・カリーナのようになりたいと見る度に願わずにははいられない。ゴダールの映画の中の彼女は格別だなあと思います。説明不要!と申し上げがちになってしまうのですが、お若い方たちと接したときなどに、ゴダールとアンナ・カリーナのタッグは未見だという声を聞きます。その度にうらやま...

某月某日

『VILLAGE ON THE VILLAGE』の黒川幸則監督は、もともと三重県のご出身で、名古屋シネマテークにも幾度もいらしていたそうなのですが、監督作品の上映は『VILLAGE…』が初めて。企画の売り込みにもわざわざ脚を運んでいただいたりして、その熱意は並々ならぬものがありました。 公開初日にはもちろん舞台挨拶。主演の田中純一郎さんとスペシャルゲストの古池寿浩さんのライヴ&トークも独特な雰囲気でした。そして、数日間の滞在で...

某月某日

 何故だか台風の難を逃れ続けている東海地方ではありますが、『五島のトラさん』公開がスタートしました。大浦勝監督が舞台挨拶に駆け付けてくださり、おかげさまでにぎやかな初日となりました。 五島列島でうどんと塩の製造業をなさってる犬塚虎夫さん(トラさん)夫婦と幼児の頃から親の手伝いの域を超えて働く7人のお子さんたちを長い時間、22年に渡り撮り続けたドキュメンタリー映画です。トラさんのバイタリティー、要する...

某月某日

監督や俳優の皆様が劇場を訪ねてくださる機会は結構あって、舞台挨拶やトークなど、とても楽しいひとときを迎えることができています。今日は『マンガ肉と僕』の二日目。なんと、原作小説の著者、小説家の朝香式さんがいらしてくださいました。小説家の御来館は珍しいことです。先日【丸善ゼミナール】のゲストを快く引き受けてくださったおりにも、全力で映画化作品を応援してくださっていたのですが、今回も映画をご覧になるつい...

某月某日

 ニースのテロの衝撃と死者の数がニュースを見る度に増えていって、トルコではクーデター未遂による犠牲者が、との報道が止まない中『シリア・モナムール』名古屋公開初日を迎え、配給の『テレザとサニー』大竹さんと有田さんが舞台挨拶におこしくださいました。ここ数年で監督以外のスタッフの方が舞台挨拶をされる機会が増えてきたようにおもいます。山形国際ドキュメンタリーフィルムフェスティバルで本作を見て、自分たちで劇...

Appendix

プロフィール

cineaste

Author:cineaste
ここは名古屋シネマテークの事務所です。
仕事中は資料で散らかっているデスク。
そのまん中、誰からも手が届くところにかかさず置かれているのがおやつです。
周囲は美味しい飲食店に恵まれた今池ですが、なにかと時間に追われ、外へ食事に出ようにもままなりません。
持ちこんだり、差し入れで頂いたり、出張の手土産だったりする由来さまざまなたべものをいつも視界の端にしのばせて、今日も営業中。いらっしゃいませ!